コピーライターやテクニカルライター、記者などに向いている人とはどういった人なのでしょうか。
やはり文章を書くことが好きだということ、文章を書くことが得意だということが重要でしょう。
また記者やライターに向いている人は、精神的にも忍耐強くなければなりません。
自分の好きなテーマ―で自由に書いてもよいという場合もあれば、依頼によっては自分が書きにくい苦手なテーマで仕事をしなければならない場合もあります。
またせっかく書いたにも関わらず、依頼主が気に食わなければすべて最初から書き直さなければならない場合もあるのです。
そのため、本当に書くことが好きであること、精神的に忍耐強いこと、この二つが基本前提になければ記者やライターに向いていないと言えるでしょう。
また文章を書くためには、様々なことに興味を持ち、幅広い知識が必要になります。
もし判らないことがあれば、自分で調べていく力も必要になります。
また記者やライターになるためには、正確な文章を書く力も必要となりますので、基本的な国語力や論理的な文章を構成していく力も必要でしょう。

しかし決して難解で専門的な言葉ばかりが並べられている文章が求められるわけではありません。
専門的な学術書に書かれている文章ではなく、判り易い言葉で書かれた読みやすい文章を書く方がプロとして活躍することが出来ます。
難しい説明を誰でも簡単に判るように判り易い言葉で読み説くことが出来る文章の方が、万人に求められる文章だと言えるでしょう。
また簡単で判り易い言葉で書く方が、専門用語で書かれた文章よりも書くのが難しいかもしれません。
この他にも、読後、好感を持ってもらえる文章を書くことが出来る人がライターに向いている人だと言えるでしょう。
文章は読者に媚過ぎても、また見下すような文章でもいけません。
また文章が噛み砕き過ぎても読者を馬鹿にした印象を与えてしまうため、ちょうどよい匙加減が感性として身についている人がライターとして向いているうと言えるでしょう。
また書くこと以外にも、自分でカメラで写真撮影が必要なライターもいます。
例えばグルメ記事を扱うグルメライターや、様々な旅行スポットを紹介するトラベルライター、全国のパーキングエリアやそのサービスを紹介するパーキングサービスライターなど様々なライター業があります。
こうした専門ライターは自分の得意分野を活かすことが出来ますので、文章力以外にもよい写真を取る能力や取材力などもライターとして求められています。
ライター業には様々な仕事がありますので、やはり自分の得意分野で勝負することが成功の秘訣だと言えるでしょう。