テクニカルライターとは一言で言うと、取扱説明書の作成をする仕事です。
洗濯機や冷蔵庫、パソコンやプリンターなどを購入すると、必ず製品についてくるのが商品の取扱説明書です。
これを見ながら消費者は製品の使い方を覚えて行ったり、使っている途中で判らないことが出てきたら、何度も確認することになります。
この取扱説明書はこれまで紙を媒体にしたものがほとんどだったのですが、ネットが普及した最近では、パソコンやデジカメなどのハイテク機器に関しては、取扱説明書も企業サイトからデーターをダウンロードして閲覧する形を取っている場合もあります。
そのため、紙媒体で作成する以外にも、WEB展開で取扱説明書を作成する仕事も含まれている場合もあるのです。
テクニカルライターの仕事に求められていることは、やはり消費者が読んで判る取扱説明書を作らなければなりません。
また取扱説明書では、文章だけではなく、製品の機能や操作の手順が初めて使う人でも判るように、どの部分に説明図を配置し、消費者が読みやすい文字の大きさなど、細かい部分まで配慮しながら作成しなければならないでしょう。

テクニカルライターに向いている人というのは、一体どういう人なのでしょうか。
ほとんどの場合、テクニカルライターの仕事は製品を作っている企業の社員が作成している場合がほとんどです。
また製品の研究開発を実際に行った専門家が実際にテクニカルライターとしての仕事を行っている場合があります。
テクニカルライターに向いている人は、製品について熟知しており、尚且つ、消費者目線で取扱説明書を作成することが出来る能力がある人ということになるでしょう。
自社にテクニカルライターがいる場合もあれば、外注でプロのテクニカルライターに任せてしまう場合もあります。
その場合もやはり向いている人という人と言うのは、製品について専門的知識を持っている人が第一条件でしょう。
また取扱説明書を作成するための文章構成がうまく、ユーザー目線で作成する能力を持ち合わせている人が求められています。
また取扱説明書をWEB展開する必要があれば、WEB展開をしていくための能力もさらに必要になっていきます。
紙版の取扱説明書をただ単にダウンロードするだけのものもあります。
最近のWEBでの取扱説明書は凝った内容になったものも多く、訪れたユーザーを驚かせてくれる面白い仕掛けが施されている企業のサイトもあり、こうした特殊な取扱説明書は企業のイメージアップや広告効果も高いものであるため、制作に力を入れている企業もあるのです。
自社で作成するよりもプロのテクニカルライターに依頼する場合もありますので、テクニカルライターはより高い能力が求められて来ていることでしょう。