コピーライターのバイトのメリットとは、自分の好きな仕事がバイトでも出来るということではないでしょうか。
コピーライターの仕事は正社員ではあまり募集がないため、やりたい仕事にも関わらず、なかなか就職できるチャンスがないという方も実際に多くいらっしゃいます。
しかしバイトの募集の方は意外とありますので、好きな仕事ならバイトでもいいからやりたいという方もいるのではないでしょうか。
またバイトの場合、小さな制作事務所での募集も多いため、仕事を一任してくれる可能性が高くなるというメリットがあります。
小さな制作事務所の場合だと、自分でクライアントと直接会って、どんなコピー作品にしたらよいのかという打ち合わせや、商品の取材、候補に出したコピーの中から最終的にどれにしたらよいのかという最終会議まで、すべて一任されるケースもあります。
そのため、バイトという立場ですが早く仕事を覚えることが出来、多くの経験が積めるというメリットがあるでしょう。
もし大手制作事務所や大手の広告代理店の場合だと、正社員で入社した場合、まずアシスタントとして多くの雑務をこなしていくことになるため、コピーライターとして採用されたにも関わらず、なかなかコピーの仕事をさせてもらえないというジレンマがあるかもしれません。
忙しい職場である場合、バイトの場合だと職場での拘束時間が長いという場合があります。
正社員の場合だと、労働基準法に違反するかもしれませんが、残業しても必ずその残業時間分、お金が貰えるという保障はありません。
しかしバイトの場合だと、時給での支払いになるため、ボーナスはありませんが、忙しい月であれば正社員よりも月収が高くなるという可能性ももしかするとあるかもしれません。
コピーライターのバイトをすることによって、色々な現場を体験することも出来るでしょう。
経験やスキルを積み、能力が認められていけば、最初はバイトとしての雇用ですが、いずれ正社員としての雇用形態になれる可能性もあります。

またコピーライターのスクールに通いながら、コピーライターのバイトをするという選択肢もあります。
スクールで専門的知識を身につけながら、バイトでその知識を活かしながら働くことが出来るため、仕事も一早く覚えて行くことが可能でしょう。
社会人向けの夜間行っているスクールもあります。
これなら、昼間はコピーライターの仕事をしながら、夜、スクールへ通うことが出来ます。
これもバイトという雇用形態のメリットと言えるでしょう。

ライター関連のお仕事探しならエキスパートスタッフ