テクニカルライターの主な業務は家電製品や事務機器、パソコン機器などの仕様や使い方について誰が(ユーザー)読んでも分かりやすいマニュアル(取扱説明書)作成が主な業務となります。
初めて製品を使うユーザーが取扱説明書を読んだ際、正確な設定手順や操作方法などを理解出来る事がポイントとなります。
また、取扱説明書には文章説明だけでなく、製品展開図なども記載されています。
この展開図に色付けしたり説明文を添えたりする事も仕事に含まれます。
テクニカルライターは、初めて使う人や電子機器が苦手な人にも配慮し、どんな読み手にも対応できるマニュアル作りが求められます。
このような 業務内容からテクニカルライターには専門的な知識やその知識に基づいた正しい日本語と論理的な文章力が求められます。

資格や免許等はありませんが、次のような方がテクニカルライターに適しています。
●モノづくりが好きで新製品などへの興味がある
●文章で人に伝える事が得意
●あらゆる場面で相手に配慮が出来る人
等です。

テクニカルライターへの転職では、ジャンル問わずライター経験が求められ、成果物などを提示するケースが多く採用基準に大きく関わってきます。そして、テクニカルライターはライティング以外にもコミュニケーション能力も求められます。
テクニカルライターの情報元は製品説明会やクライアントへの取材等が主な情報源となります。この情報を基に原稿から校正まで一貫して行います。そのためテクニカルライターには、理解力や取材力コミュニケーション能力も必要となるのです。
テクニカルライターを多く求めている企業はメーカーやソフトウェア開発企業などモノづくりを行っている企業が中心となります。
テクニカルライターに求められるスキルについて解説しました。テクニカルライターへの転職で企業側が重要視する事は、ライター経験と文章表現能力です。テクニカルライターに転職を希望している場合はジャンル問わず正しい日本語で誰もが理解できる解説文が書ける事はもちろんの事該当する作品を持っている事が大切です。
専門知識等は、入社後にレクチャーを受けられるケースが多いため、専門知識の有無については採用基準として重要視されていないようです。
テクニカルライターに転職するコツは、前述したようにテクニカルライターの職業に適したライティングスキルと「聞く」「見る」「話す」「理解する」といったコミュニケーションスキルです。

テクニカルライターのお仕事を探すならこちら!