コピーライターの仕事とは、コピーを考える仕事のことです。
コピーとは、製品やコマーシャルなどの広告文のことを指します。
コピーライターの仕事は、コピーを考えるだけではなく、クライアントや代理店などと打ち合わせを行ったり、取材なども行い、コピーを制作していきます。
取材もコピーライターの仕事として必要なのかと驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、商品の特徴やアピールポイントをよく理解するためには、やはり必要だと言えるでしょう。
やはりコピーする対象物に対してよく熟知していなければ、世間の人をハッとさせることが出来るコピーを考えることが出来ないからです。
制作したコピーに対して、依頼者が納得しなければ、再びコピーを考え、納期までに制作しなければなりません。

このようにコピーライターの仕事は、ただ単に宣伝文句となる言葉を考えるだけではありません。
雑誌などのコピーの仕事であれば、チームのグラフィックデザイナーやアートデザイナーと共に協力しながらコピーを考えて行かなければなりません。
またテレビコマーシャルのコピーの仕事であれば、ディレクターやプロデューサーと共に協力しながらコピーを考えて行くのです。
最終的には一つのコピーが完成作として世に出回るのですが、実際に考えなければならないのは、一つの作品に対して百以上のコピーを考え出していかなければなりません。
沢山のコピーの中から、世に出るのはたったの一つと考えると、コピーライターの仕事は大変な仕事だと言えるでしょう。
コピーライターの仕事をするのであれば、いきなりフリーとして仕事をするのは無謀とも言えます。
最初に広告代理店や制作プロダクションなどに就職して、実際に広告制作の仕事をしながら現場でコピーの仕事を勉強していくという方法がよいでしょう。
仕事振りが認められれば、コピーの仕事をどんどんやらせてもらうことが出来ます。
実力が認められれば、クライアントから指名を取っていくことも出来るため、コピーライターとして活躍していくことが出来るでしょう。
さらになんらかの賞を取ることで、知名度も高まっていきますので、フリーとして独立し活躍するチャンスも出てくることでしょう。
会社の雇用として働くコピーライターもいれば、フリーのコピーライターとして働く人もいます。
フリーになった場合、自分で仕事を勝ち取っていかなければなりませんので、独立するのであれば、ある程度実力や人脈を身につけてからがよいでしょう。

コピーライターに関するお仕事探しならエキスパートスタッフ